↑クリックするとホームへ

雨飾山
山行日 2016年10月14日(金)
地域 頸城山塊
標高 1963m
天候 快晴
コースタイム 小谷温泉登山口.6:00---荒菅沢7:40---
笹平9:20---9:50山頂10:30--(ピストン)
--13:30下山

←布団菱
 

あまりにも大きな北アルプスの魅力のせいで、なかなか足が向かなかった雨飾山についに登る日がやってきた。好天が数日続くとの予報に急に思い立った私は、木曜夜10時に家を出た。

小谷温泉から登る 駐車場は満車

目指す小谷村は遠い。7時間も走った早朝5時過ぎにやっと小谷温泉キャンプ場の駐車場に到着した。土日は混むだろうと一日早めて平日の金曜にしたのに駐車場のこの混雑は何?さすが人気の山だけある。1台分のスペースをやっと見つけてなんとか駐車することが出来たが、後からもう少し戻れば別の駐車場があることが分かった。

登山口 布団菱の岩峰

車から飛び出ると寒さに驚く。靴を履く足元には霜柱がありザックからフリースを取り出して着込んだ。周囲の登山者はダウンの人も。木道を歩くと小さな沢が横を走るようになる。前を行く登山者が沢の中を指差して何やら・・・・・
「何かいます?」
「大きなイワナです」
なんと尺サイズのイワナを二尾発見。

気持ちのいい道 山頂方面を見る

急な登りが続くものの、早くきれいな紅葉を見たいという気分が勝り、疲れを感じない。何人かの若者には抜かれるものの、沢山の年配の人を抜いて進めばやがて荒菅沢に到着。
「ウン? ここから見た布団菱の紅葉がこの山のハイライトなのでは?」
その色に少々気落ちしながら昨夜大町のコンビニで買ってきた弁当を頬張った。

中央やや右が山頂 山頂が近づく

またもや急登が続く。そして後方でとがった山が見えた。
「あの形は火打山?」
しかし後方にもう一つ同じような山がある。そばの登山者に聞けば手前が焼山で後方が火打山とのこと。なるほど、そういえば手前の方の焼山からは小さな噴煙が望める。

笹平で一服 富山湾が見下ろせる

やっと登り切ったと思ったらそこは笹平。涼しい風が吹き休憩せざるを得ない。山頂も望むことが出来るし、あともう少しの頑張りで到着できる。右手には富山湾が近い。目を凝らせば能登半島までが見える。まさかと目を右に転ずると本当にまさかの佐渡島が見えた。

もう少し(オンマウスでその顔が出ます) ガレた沢を見下ろす

笹の中の道を進む。山頂からこの道を見れば人の顔に見えるとネットの情報にあったが本当だろうか(左上画像)?荒菅沢に落ちると思われる切れ落ちた沢を見れば山頂は近い。

雨飾山北峰山頂 北峰から南峰を見る

そして登山開始から3時間50分。やっと念願の雨飾山山頂に到着だ。北峰には石仏が並びその横で登山者は皆満足顔だ。南峰にはもっと多くの登山者がいる。あちらで休憩を取ることにした。

南峰から北峰を見る 焼山と火打山が見えた

富山湾上空の空の青さをバック高度感を満喫する。そして今度は後立山連峰を眺める。
少し白いものが見える山稜に並ぶピークは誰もが名前を挙げられる山々だ。そしてその右手には雪倉・朝日の山も。
快晴の元、360度の大展望に感謝しながら下山の支度を始める。

鹿島槍・五竜・唐松・白馬三山の峰々 帰途振り返る

長く続く急なくだりに「まだか?まだか?」と思いながら、痛む膝をなだめながら下る。朝より紅葉が綺麗に見えるのは、日差しが上方に来たことによりコントラストが強くなったせいかもしれない。
この時期にアルプスを眺めることが出来たことに感謝しつつ下山の途に就いた。

所属する囲炉裏へ ↑クリックするとホームへ

















広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー