↑クリックするとホームへ

北横岳
山行日 2015年9月22日
地域 北八ヶ岳
標高 2480m
天候 快晴
コースタイム 麦草峠7:00・・・茶臼山8:05・・・縞枯山9:00・・・
枯山荘9:35・・・北横岳ヒュッテ10:30・・・
10:50北横岳11:20・・・ロープウェー山頂駅12:10
・・・オトギリ平13:50・・・麦草峠14:30

 

 南八ヶ岳は何度も行きましたが北八ヶ岳は私にとって未だ未踏の地。幸いにも初秋のこの時期に行くことが叶いました。そしてなぜもっと早く来なかったのかと反省する山になりました。

麦草峠登山口 茶臼山展望台から赤岳を始めとした南八ヶ岳と甲斐駒・仙丈

 北八ヶ岳ロープウェーで坪庭まで直行という手もありましたが、今日はあえて麦草峠まで車で行き北八ツを周遊するコースに決めました。早朝の麦草峠駐車場は車で一杯です。すでに出発した人にテントをたたんで車の横で朝食を摂る人。今着いたばかりで駐車する箇所が無くて路駐しようとする人。前夜到着が好ましいようです。

茶臼山展望台から縞枯山と横岳と蓼科山 縞枯山展望台から茶臼山 その奥に南八ヶ岳

 急坂のない道を1時間ほど歩いて茶臼山展望台に到着しました。コバルトブルーの空の元、大展望が待ってくれていました。赤岳・天狗岳・阿弥陀岳等の山々が聳え、遠くには南アルプスがあります。つい先日登った甲斐駒ケ岳も望めうれしくなります。
 続いて縞枯山へと向かいます。後から来た若者が私を追い抜き立ち止まってカメラで山頂方面を写しながら「縞枯れ」の説明をしてくれました。縞枯展望台からはすでに始まっている茶臼山の紅葉を見ながら小休止。

縞枯山山頂は展望なし 好立地の縞枯山荘

 山頂に着くと登山者同士が八ヶ岳の山の話をしていますが夏沢高鉱泉やオーレン小屋・・・・・・・。大体の方向は分かっても具体的にどこにあるかは私には分かりません。訪問は今後の宿題とします。縞枯山を下りると雰囲気のイイ広い草原にでて、そこにはこれまたいい雰囲気の縞枯山荘が建っているではありませんか?そういえば以前、積雪期のこの小屋の画像を見たことを思い出しました。今度は冬にこの小屋を見てみたいと思う私です。

坪庭の中を進む 坪庭を過ぎて縞枯山を振り返る

 小屋から木道をしばらく進むと右手は溶岩が降り積もったような景色に代わりましたどうやら坪庭が近いようです。ロープウェーもすでに動いているようで、前からは観光客も大勢やってきました。荒涼でごつごつした岩の中に残る高山植物の跡を見て横岳への登山道を登ります。どうみても山好きのおばあちゃんに連れてこられたと思える小さな子が目につきます。頑張って急坂を登るその姿は私をほほえましい気持ちにしてくれます。

北横岳ヒュッテから山頂は近い 横岳南峰山頂

 北横岳ヒュッテまでやってきました。登山者に若い人や子供が多いせいでしょうか?いつもの山と何か違う雰囲気を感じる私。その証拠にお父さんの山ザックの上に乗せられた赤ちゃんを何度か見ましたし、驚いたのはおなかの大きい妊婦さんまで。やはりロープウェーで来れる便利さがそうさせるのでしょう。

横岳南峰山頂から縞枯山・茶臼山を見る 横岳北峰山頂から蓼科山

 案の定横岳山頂は登山者で一杯です。直射日光が当たっても暑くない気候に秋を感じます。蓼科山を見て私も昼食を摂りました。以前に車で通りかかって蓼科山の姿に感動した私はいつかこの山に登りたいと思っていました。でも今日はそれより先に指呼の先にその山を望んでいます。

蓼科山を見る 坪庭からロープウェー山頂駅

 坪庭に戻ってロープウェー山頂駅へ。すでに下山しようとする人がロープーウェーに乗ろうと並んで待っています。駅のすぐ横まで来て初めてこんなかわいいホタルブクロを一つ見つけました。草木の影にあるので誰も気づかないようです。

ホタルブクロ 五辻へ向かって歩きながら振り返り山頂駅と横岳山頂方面を見る

 さてそろそろ麦草峠へ戻らねばなりません。ピストンでは上り下りがあるので五辻〜出逢ノ辻〜大石峠を経て進むことにしました。この道は平坦なのはもちろん登山者も多くなく、魅力的な林や草原があって八ヶ岳の雰囲気を味わえる絶好のルートです。

可愛いキノコ発見 エエ雰囲気

 麦草峠へ登る「メルヘン街道」が近いのでしょう。オートバイの音が聞こえてきました。まもなく私の初めての北八ヶ岳歩きも終わりです。

オトギリ平 ルート図

 往路では絶好の展望を味わい、帰路は静かで深い林と笹原を味わう。初秋の北八ヶ岳は私をこの山のとりこにさせるには充分の一日でありました。

所属する囲炉裏へ ↑クリックするとホームへ

















広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー