↑クリックするとホームへ

雲の平
山行日 2016年7月21日(木)〜23日(土)
地域 北アルプス
標高 2592m
天候
コースタイム (21日)折立7:00〜11:30太郎平小屋12:20〜
薬師沢小屋15:00
(22日)薬師沢小屋5:50〜雲の平9:40〜
薬師沢小屋12:40〜15:35太郎平小屋
(23日)太郎平小屋9:30〜12:15折立


←雲の平から見た黒部五郎岳
 
 山仲間6人でバッチリ計画したアルプス登山の行き先は「白峰三山」。しかし天気予報での現地の天候が悪く、急きょ出発前に「雲の平」に変更。でもこれが吉と出て雲ノ平は3日間とも好天で、大満足の山行となりました。

 今回初めて7人乗りの高級車を某レンタカー会社から借りました。大阪・和歌山・奈良から集合したメンバー6名は皆気心の知れた人ばかり。車の中はまるで遠足に向かうバスのようでした。

 有峰林道のゲートが開くのは6時。3時間ほど待って、到着した折立登山口からの出発は7時になりました。薬師岳にはもう3回来ているので、今日でここから登るのは4度目ということになります。
折立登山口 ニッコウキスゲ咲く登山道
 樹林帯を抜けると緩やかな道となりやがて木道に。4時間半ほどで冷たい缶ビールが待つ「太郎平小屋」に到着です。弁当は勿論大和名物柿の葉寿司。いくら疲れていてもこれなら口に入ります。
太郎平小屋が見えた 小屋前で定番の昼食
 しっかり栄養を補充してこれから薬師沢へ下って行かねばなりません。記念写真を撮ってもらいますが見えるはずの黒部の山々はガスの中。でも心配なく。このあと劇的に好天になるのであります。
黒部の源流の山々はガスの中 太郎平小屋と薬師岳方面
 振り返って観る太郎平小屋と薬師岳。雄大でたおやかな稜線に思わず魅入ってしまう私です。前方にはこれから行く薬師沢。そしてその後ろには雲の平の台地が見えています。まだ行ったことのない雲の平。いったいどんな場所なのでしょう?
薬師沢へ降りてゆく。その奥には目指す雲の平が 何度か沢を渡る
 黒部の源流となる沢を3度ほど渡って薬師沢小屋へ到着です。澄んだ沢が合流するこの場所は驚くほど素晴らしい場所です。そういえばこんな沢音が聞こえる小屋に泊まるのは、私には初めての経験であります。
薬師沢小屋に到着 さあ山呑みの始まりだ
 まずは集合写真を撮って私が愛して止まない、小屋前での山呑みの始まり始まり〜〜〜。持参した焼酎はあっという間に空になり、こんな晩御飯を頂いて睡眠に。昨夜の徹夜の運転もあって2日分たっぷりと寝ることが出来ました。
薬師沢小屋の夕食 同朝食
 明けて2日目。いよいよ今日は雲の平までピストンです。まずは小屋前の怖〜い吊り橋を渡り、梯子を下りて沢に降り立ちます。そして雲の平への急登が始まりました。
吊り橋を渡っていざ、雲の平へ 雲上の楽園散歩が始まる
 辛い登りは2時間足らず。傾斜が緩やかなになったと思うと平原風になり、そこがアラスカ庭園でありました。
黒部五郎の左に笠ヶ岳 北ノ俣岳から黒部五郎の稜線をバックに木道を進む
 360度、黒部源流の山々が見えます。雄大な薬師岳・太郎岳・北ノ俣岳に憧れの黒部五郎岳。三俣蓮華岳・鷲羽山・ワリモ岳に水晶岳。名の通り赤い赤牛岳に遠く立山に剱岳。そして笠ケ岳に双六岳に槍ケ岳に穂高岳に遠くは白馬三山までも。感動のあまりちょっとウルっとくる私です。
奥日本庭園から見た薬師・立山・赤牛 花畑の中をゆっくり進む
 雲の平山荘で缶ビールを買おうとしてなぜか心の中に漂う不安感。それは長く呑んできた私の感覚がもたらせたものでした。
「ひょっとしてこの小屋のビール、冷えてます?」
「今のこの温度ですけど・・・・・」
「それって常温ですよね?」
「はい」
丁重にお断りしたのは言うまでもありません。ただその後ギリシャ庭園付近でお会いした、今夜この小屋で泊まるという中年の女性にこのビールの一件をお話しすると、いたく沈痛のご様子でした。ちなみに私はこの後10秒も手を浸けていられないという、たっぷりの沢の水でキンキンに冷えた薬師沢小屋のそれを頂くのであります。
あアラスカ庭園で記念撮影 朝9時過ぎの雲の平山荘は静かだった
 今朝5時45分に小屋を出て雲の平までをピストンしてきた我々は12時45分に小屋まで戻ってきました。当初連泊の予定でしたが、あと3時間の登りで太郎平小屋まで行けます。今頑張っておくと明日の予定が楽と、もうひと踏ん張りすることにしました。
ハクサンイチゲ 雲の平から薬師沢、そして太郎平と10時間歩いてさぁ!!!!!
 そして4時前に昨日通過した太郎平小屋に戻ってきました。少し遅い時間ですが、両小屋は同じ経営ですので何の問題もありません。昨夜そして今夜と両小屋は6人部屋を用意してくれていました。せっかくここまで来たのだから、まだ行ったことのない薬師岳に登るというNさんが早朝4時前に出て行ったのも気づかず、今夜も爆睡の私であります。

 5時から朝食を頂き、女性陣は薬師平へ花を見に行くという。準備をしていると小屋の従業員10人余りが、6時半から小屋前でラジオ体操をし出しました。我々5人もその中に加わりなぜか同様に第一と第二の体操をして出発。

 でも膝に持病を持つ私だけは小屋前で待つことにします。9時過ぎて薬師岳に登った一人と女性4人全員が戻ってきました。私に「何してたん?」と聞きます。
「黒部五郎までピストンしてきたワ」と冗談。実際は小屋の方々の仕事ぶりを外から拝見していました。
太郎平小屋の夕食 同朝食
 3時間足らずで折立へ下山です。皆でハイタッチして完歩できた喜びを分かちます。百名山の一つ「薬師岳」へ登ることが出来たと感激のNさんと、女性があこがれる雲の平を歩けたと大喜びの女性陣の中ただ一人だけが浮かぬ顔。
 なんと木製ベンチに座った時に木のササクレでスパッツの太もも裏に大きな穴をあけてしまったYちゃんでありました。

所属する囲炉裏へ ↑クリックするとホームへ

















広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー